花粉症対策に漢方を

トップページ > 花粉症対策に漢方を

花粉症対策に漢方を

漢方を利用するという方法も花粉症には効果的です。漢方の場合、治療方法というよりは予防方法のようなもので、アレルギー症状が出ないように体質を変えていくことが目的で、効果が出るまでに少し時間が必要です。

 

花粉症治療で一般的に利用されている抗ヒスタミン薬というのは、眠くなることがあるため、車の運転や仕事に支障をきたす恐れがあります。その点、漢方は、副作用の心配があまりなく、体質を改善することができることから、冷え性にも効果をもたらしてくれます。

 

花粉症対策として漢方を利用する場合、くしゃみや鼻水の症状の方は冷えタイプ、鼻水が黄色い色をして、目や喉が腫れている方は熱タイプのどちらかを選ぶことになります。

 

まず、冷えタイプのほうは、胃腸の機能が低下して、水分を代謝する働きが弱っているケースがほとんどなので、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)が効果的です。熱タイプのほうは、天津感冒片(てんしんかんぼうへん)が効果的です。ほかにも、免疫力を向上させるのには、補中益気丸(ほちゅうえっきがん)が効果的です。

 

また、体質を変えるためには、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)が効果的です。今では、漢方は体に良い影響を与える効果が十分あるとして漢方を専門に扱う医療機関が多くなってきました。