無添加シャンプーと市販のシャンプーの違いは何?

トップページ > 無添加シャンプーと市販のシャンプーの違いは何?

無添加シャンプーと市販のシャンプーの違いは何?

いつも使っているシャンプーに、どんな成分が含まれているか気にしたことはありますか?市販のシャンプーには、アルコール系、アミノ酸系、石鹸系の無添加シャンプーという3種類があります。

 

アルコール系のシャンプーは最も普及しており、洗浄力が非常に高いので脂性の人に向いています。ただ、このシャンプーには、動植物油脂や鉱物油を主成分とした合成界面活性剤が配合されているため、頭皮や髪だけでなく体全体に悪影響をおよぼす可能性があります。中には、アレルギーや内臓疾患を引き起こしてしまう人もいるので、要注意です。

 

アミノ酸系のシャンプーにも、合成界面活性剤が入っています。合成界面活性剤などの石油系化学物質を使っていないのが、石鹸系の無添加シャンプーです。

 

界面活性剤としては脂肪酸ナトリウムなどが加えられ、脂性の頭皮の人でも余分な汚れや皮脂はしっかり落としてくれます。また、天然由来の成分で出来ていることから、人体にも環境にもやさしいのが特徴です。

 

シャンプーを選ぶときには、価格、パッケージ、CMで見たなどの要素が大きく影響されることでしょう。しかし、仮に良さそうに思えても、実際に使ってみるまではわかりません。

 

パッケージで気になるものがあったときには、成分表示をしっかり見て、体に悪影響のありそうな成分が含まれたシャンプーは選ばないようにしたほうがよいでしょう。体にも良く、環境のためにもなる無添加シャンプーを選んで、健康な髪を育てていきましょう。