肝臓病と脂肪肝の関係とは?

トップページ > 肝臓病と脂肪肝の関係とは?

肝臓病と脂肪肝の関係とは?

脂肪肝というのは、病気というわけではないですが、脂肪肝をそのままにしてしまっていた場合、病気になる可能性はかなり高くなってしまいます。また、肝硬変や慢性肝炎などのような肝臓病になってしまっているのであれば、普通の方法で改善をしようとしても、改善は期待できません。

 

サプリメントなどを摂取するだけでは、改善することは難しいですし、反対に症状が重くなってしまうことだってあります。ですから、医療機関で適切な治療をしてもらわなくてはなりません。

 

鉄分を摂取するのは危険

 

肝機能がかなり下がってしまっているのであれば、あまり鉄分を摂取しないようにしたほうが、肝機能が改善されるというケースもあります。

 

鉄分というのは、肝臓に蓄積されるようになっているのですが、肝臓病などによって肝機能が正常に働かなくなってしまっている場合、鉄分を必要以上に蓄積してしまうことになります。これによって、病態がさらに重くなってしまうということが判明されましたので、最近は病院でも鉄分の摂取制限を治療に取り入れています。

 

また、鉄分が肝臓に蓄積されてしまうと、それだけ多くの活性酸素が作られるようになり、核酸や細胞を酸化させてしまいます。これによって肝機能障害がさらにひどくなってしまいやすくなるのです。

 

健康的なときには、レバーやシジミというのは、肝臓に良い作用があるといわれているのですが、これらの食べ物には豊富に鉄分が含まれてしまっています。ですから、肝臓を患っているときに、このような食べ物を食べるのは逆効果になってしまいやすくなるのです。

 

また、昔は、高カロリーで高たんぱくの食事を心がけるようにしたほうがいいといわれていましたが、最近の研究で、これは誤りだったということが分かっています。このような食事というのは、反対に脂肪肝が進行してしまいやすくなってしまうだけではなく、糖尿病などを発症するリスクも高くなってしまうということが分かっています。なので、定期的に健康診断などを受けるようにして、自分の肝臓の状態を把握しておいたほうがいいでしょう。

 

過剰なダイエットはしてはいけない

 

健康体な人でも過剰なダイエットをしてしまうことによって脂肪肝になりやすくなってしまいます。健康体だとしても、肝臓というのは中性脂肪が3%ほどあります。しかし、過剰なダイエットで食事制限をしてしまうと、筋肉の中に蓄積されているたんぱく質を使ってエネルギーを生み出し始めます。

 

肝臓の中に蓄積されている中性脂肪というのは、たんぱく質と同時ではなくては使われることはありません。そのため、たんぱく質が少なくなってしまうと、中性脂肪が肝臓の中に溜まったままになってしまい、最終的に脂肪肝になりやすくなってしまいます。ですから、過剰に食事制限をしてしまうと中性脂肪になる可能性が高くなってしまうのです。